むずむず脚症候群の原因

むずむず脚症候群という病気は他の病気によって引き起こされるとされていて、貧血や糖尿病、慢性腎不全、パーキンソン病などの持病を持っている人はリスクが高いとされていて、この他にも原因とされる病気が数多くあるのですが、鉄分の不足によってドーパミンという神経物質の働きが弱まることが直接の原因であるとされています。

 

この病気を発症すると睡眠時間が短くなるのでうつ病などにかかるリスクも高まるので早期に治療をすることが大切です。

 

むずむず脚症候群は安静にしていたり、横になっている時に下半身に異様な感覚があらわれるもので、ときに激しい痛みを感じることがあるので、大きな不快感を伴うこともあります。

 

睡眠障害を起こすことがあるので昼間に眠くなってしまったり、仕事が手につかなくなるので、生活の質が低下する恐れがあります。

 

むずむず脚症候群の疑いがある場合には睡眠障害の専門医の診察を受ける必要があるので、うつ病などになる前に適切な治療をして重症化を防ぐ必要があります。

 

貧血による脳内の鉄分の欠乏によってリスクが高まるとされているので、貧血を改善することで症状を改善できる可能性がありますが、原因を特定することが一番大切です。


むずむず脚症候群の治療

むずむず脚症候群 治す方法にはどのような生活習慣を送れば良いのか知ることはとても重要で身近な習慣を変えるだけで症状を劇的に改善できる可能性があります。

 

一番大切であるとされているのは脳を興奮させてしまうカフェインやアルコールの摂取を減らすことで、睡眠を浅くする作用が強いので症状を悪化させる可能性があるので、むずむず脚症候群の人はなるべくお酒やコーヒーを飲まないようにします。

 

また脚のマッサージを寝る前に行うことで筋肉の緊張をほぐすことができるので症状を改善することができます。治療薬としてはドーパミン神経の機能を高める薬が有効であるとされていますが、症状によっては抗けいれん薬なども有効であるとされているので、専門医の指示にしたがって服用をする必要があります。

 

推定される患者数は人口の4%程度とされていて、とくに40歳以上の女性に多いとされています。またこの症状は人工透析患者や妊婦、若い女性に多いことから睡眠時間が短くなることで大きな弊害があるとされていて、交感神経が刺激されてしまうので基礎代謝が上昇してしまって急激に痩せてしまう可能性もあります。

 

生活の質を保つためには早めに医療機関を受診して専門医に診察をしてもらうことが大切です。