皮膚の下に虫が這うような感じがする

皮膚の下に虫が這うような感じがする

病院にかかる方は少ないですが、潜在的には、むずむず脚症候群の患者数は多いと言われています。

 

実際、むずむず脚症候群の話を、雑談程度にすると、「自分もそんな経験あるなあ」という方が多いのです。
むずむず脚症候群は、「レストレスレッグス症候群」とも呼ばれ、その日本語訳通り、「休憩しない脚」です。
なんとなく、イメージが付くと思います。

 

貧乏ゆすりも似ていますが、これは単なる癖であって、自分に不快感は伴いません。
むずむず脚症候群の特徴は、不快感がある事です。

 

そして、主な症状は、「脚を動かしたい」という衝動で、さらに、「ふくらはぎの辺りに何か違和感がある」とか、「脚の皮膚の下に虫が這うような感じがする」などと表現されています。

 

不快感を除くために自宅で出来る方法としては、「鉄分を摂取すると良い」とされています。
鉄分不足は、むずむず脚症候群の原因である、「神経伝達系」の乱れを引き起こします。

 

その為、鉄分を十分に補給する事により、神経伝達がうまくいき、むずむず脚症候群の症状が現れにくいと言われています。
特に女性は、鉄分が不足しがちなので、サプリメント等で補うのも一つの方法です。